トウキョウ・ハッピーズ

プロフィール


君のバトンを受け取りに行くよ

 東京都渋谷区幡ヶ谷にある
    Acoustic Live Bar
       〔36°5〕
 に集まった戦士たちによる、
    愛と平和と幸せの
    種まき巡業ツアーと、
    
     それぞれの想い。

詳細 >>

プレイヤー

最新情報


2009年7月3日(金)
トウキョウ・ハッピーズpresents『灯籠の会~ヒロシマ~』
OPEN 18:30  START 19:00 ¥2000(1ドリンク付き)

語り/岩澤弘

歌/カワムラ(from 広島)

合奏/トウキョウ・ハッピーズ&more 曲/CHAIN SONG 旅流草一郎


トウキョウ・ハッピーズオムニバスCD「HAPPY BOXING  ROUND1」発売開始!!
*トウキョウ・ハッピーズ初のオムニバスCD通信販売スタート!!全7組11曲収録¥1000。
送料は¥250になっております。ご購入希望の方はメニューバーの「お問い合わせ」からお問い合わせ下さい。

1.キャッチボール/どさんぴん
2.ここにいるよ/どさんぴん
3.個人メドレー/大矢修司
4.君に会いに行く/大矢修司
5.smile again/中田真由美
6.旅人のうた/旅流草一郎
7.紅葉/旅流草一郎
8.この空の向こうに/水野裕志
9.メリーゴーランド/815
10.晩夏/815
11.茶柱/国光




詳細 >>

2009/03/12 (木) 風の自転車/たけなかゆい(~上野~両国~浅草)

東京大空襲に所縁のある土地を仲間とともに訪ね歩いて来たので、ざっと挙げてみる。
慰霊碑「哀しみの東京大空襲」、平和の母子像「時忘れじの塔」、東京大空襲・震災資料センター、東京都慰霊堂、飛木稲荷神社、浅草公会堂、浅草寺、等々。丸2日掛かった。最終日は天候に恵まれたので急遽レンタサイクルを借りた。レンタルナンバーが大きく貼られたチャリンコ10輛の集団がマナーよく下町を駆け抜ける姿はまったく異様だった。
さて、広島、長崎、神戸、中越ー。私はこれまでに人的または自然による大災害を被った地を度々訪れてきた。理由は全く違えども破滅的な破壊により、忘れようのない哀しみを植え付けられたという点で共通性が見られるこれらの土地。敢えて押し並べる非礼を詫びつつも更に、ここに我が故郷、東京も加え置いた上で、話を続けさせて頂きたい。
与えられた教育課程では何も学ばなかったから逆に偏見がなかったのかもしれない。だからこそ、何があったのかを自分の目で確かめたいと思って、私は探訪を続けるのかもしれない。
まぶたの裏に焼き付いた悲惨な光景を思い出したくないから、それを語ろうとすると今でも涙が止まらないから…と、どの土地の語り部達もが言う。そこに、こんな辛い経験を子供達には知って欲しくないという思いも手伝えば、多くの体験者達があの日のことを語り伝えねばならないという発想に至らなかったことは当然だろう(それ以前に時代は激動期だった)。(話は知らぬ間に昭和に傾倒し切っているが)戦争に限って言えば哀しみの他に仇や恨みを伴う場合もあるだろう。しかし、その激流を自分の胸の中で塞き止めることで、戦争から遠く離れ、日本は平和を手に入れたのかもしれない。だが、それでも、戦いは無くならなかった。それどころか、加担すらし始めている。あの時語らなかったせいで?でも、あの気持ちのまま語っていたら、多くの戦争が今もそうであるように、憎しみの連鎖からは抜け出られなかったのかもしれない。じゃあ、どうすればいいー。

陽光を浴びながら言問橋のアーチを滑り降りるチャリの上で私はそんなことを思った。

<編集後記>
飛木稲荷の銀杏は身体を炭と焦がしながらも見事に再生を遂げていた。それを見上げてわき起こる勇気なら君に伝えたい。この銀杏は私が訪れてきたすべての破壊された街の縮図であり、逞しさなのだと。


2009-03-14 10:41:52投稿者 : 旅流草一郎
この記事のURL コメント(0) nice!